縁起
  • ホーム
  • 縁起
  • 仏事のしきたり
  • 行事案内
  • 正光寺情報
  • 境内案内
  • アクセス

行事案内

「十夜会」について

 

 「十夜会」と聞かれた方は、字からその内容が想像されるのではないでしょうか。
この法会は、浄土宗で最も大切な経典の一つである『無量壽経』の巻下に、
「この世において十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行をすることよりも尊い」
と説かれていることによってその教えを実践したもので、十日十夜にわたり不断念仏を称えて別時の念仏を修し、阿弥陀さまのお慈悲に感謝する法要であります。
 
 この法会が初めて営まれたのは、今から550年ほど前(永享年間)、伊勢守平貞経の弟 貞国が、京都にある天台宗の真如堂で修したのがその始まりとされています。
貞国は若いころから念仏の信仰が篤く世の無常を嘆いておられ、真如堂で三日三晩の参篭の後に出家の決意を固めていましたが、最後の晩に枕辺に高僧が立ち、弥陀の誓願による功徳を約束しました。3日後に兄の代わりに家督を継ぐこととなり、一族も大いに繁栄しました。「これも阿弥陀様のおかげだ」と感激した貞国は、さらに七日七夜の別時念仏を修したといいます。
このことから最初の3日と後の7日を足した10日間を旧暦の10月5日から十日十夜修せられるようになり、十夜法会が行われていくようになりました。
 
 今日ではその期間も10日間から5日、3日、あるいは1日と短縮されて行われていますが、十夜会の縁起からも知られるように、この法要は、弥陀の誓願に結縁し極楽往生を願うこと、弥陀の利益を求めること、功徳に対する報恩感謝等が目的とされている大変貴い法要なのです。

お問い合せはこちら