縁起
  • ホーム
  • 縁起
  • 仏事のしきたり
  • 行事案内
  • 正光寺情報
  • 境内案内
  • アクセス

行事案内

「盆供養」について

 

お盆とは、本来は「盂蘭盆(うらぼん)」といいます。インドのウランバーナという言葉がもとになっていて、「逆さ吊りからの救済」という意味を持ちます。
一般的に「お盆」と呼ばれている「盂蘭盆会(うらぼんえ)」は、釈尊の十大弟子のひとりである目連の母を想う物語が起源となっている行事です。
 
神通力一番で十大弟子の1人である目連は、自らの神通力によって亡き母が餓鬼道に堕ちて餓鬼となり、逆さに吊るされて苦しんでいることを知ります。それを救おうとするけれども、どうすることもできません。そこで、このことを釈尊に相談し教えを乞うたところ、
「僧の安居の終わる7月15日に、過去7代の父母および現在の父母のために、この世のあらゆる飲食をもってあらゆる僧侶を供養しなさい。」
と釈尊に告げられます。目連がこの教えを忠実に守り実行したところ、供養の功徳から、目連の母は餓鬼の苦しみから逃れることができたと言います。
 
釈迦が目連に授けたこの供養の方法がやがて孟蘭盆会となり、先祖の供養する行事として営まれるようになったのです。
私たちの命は、父母の縁を受けて生まれております。
その2人の親にも4人の祖父母、8人の曾祖父母がおります。このように倍々していくと数え切れないご先祖の命を受け継いでいることに気付かされます。
 
「咲いた花見て喜ぶならば 咲かせた根本の恩を知れ」
精霊棚にお帰りいただいたご先祖様には、多くの恩がございます。その恩に報いる絶好の機会と受け止め、「いますが如く」心のこもったご供養を心がけたいものです。そして、その供養は他でもないお念仏を申すことでご先祖様との心の対話とし、私たちも潤いと安らぎのある家庭へと導かれる機縁となるのではないでしょうか。

お問い合せはこちら