縁起
  • ホーム
  • 縁起
  • 仏事のしきたり
  • 行事案内
  • 正光寺情報
  • 境内案内
  • アクセス

行事案内

「御忌会」について

 

 「御忌会(ぎょきえ)」とは、建暦2年(1212)1月25日にお亡くなりになった、宗祖法然上人の忌日法要をいいます。
 かつて総本山知恩院では、1月19日から25日までの1週間、昼夜にわたって御忌会が行われていましたが、明治12年(1879)からは厳寒の1月を避けて4月に修されるようになりました。全国の大本山でも同じく4月に修されており、これにならう一般寺院も多くなっております。
 
本来「御忌」とは、天皇や皇后の忌日につとめられる法要のことでありましたが、大永4年(1524)後柏原天皇より、宗祖法然上人のご命日に「毎年7日間、御忌をつとめよ」との勅命「大永の御忌鳳詔」が下り、お亡くなりになった地であり、かつ浄土宗の根本道場でもある知恩院において御忌会が行われるようになりました。それ以来、法然上人のご命日を「御忌」と呼ぶようになり、総本山・大本山をはじめとして「御忌会」は特別かつ華やかな法要が営まれています。
 
また、法然上人は「念仏の声するところ全てが私の遺跡である」と遺言されました。私共に出来る事は、ただひたすらにお念仏を申すこと。同時にそれが、法然上人への何よりの報恩になるのです。

お問い合せはこちら